ニンテン丼【ゲーム速報】

ゲーム全般(主に任天堂)ニュースのまとめサイトです。最新のゲーム情報や時事ネタ、速報を配信してます。

    カテゴリ: ファミコン



    (出典 www.otakaraou.com)



    1 少考さん ★ :2020/04/22(水) 15:34:35 ID:bzuipmFN9.net

    イー・アル・カンフー』から35年、コナミ初のファミコンソフトは格闘ゲームのはしりだった!?
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200422-00080936-futaman-game

    4/22(水) 8:00配信 (ふたまん編集部)

     数多くのヒット作を世に送り出してきた老舗ゲームメーカー「コナミ」の
    ファミコン参入第一弾ソフトとなった『イー・アル・カンフー』は、
    今からちょうど35年前の1985年4月22日に発売されました。
     同日に『けっきょく南極大冒険』、2か月後には『ハイパーオリンピック』をリリースするなど、
    コナミはジャンルを問わず個性的なゲームを次々と投入。
    当時のファミコンキッズたちに強烈なインパクトを与えました。
     当時はジャッキー・チェンを筆頭としたカンフー映画が流行していて、
    アニメでも『北斗の拳』(フジテレビ系)などが大人気。当時の子どもたちは
    徒手空拳で戦う“格闘家”に少なからず憧れを抱いたものです。
    そんな背景に加えて、まだファミコン初期の段階でソフト数が少なかったこともあり、
    『イー・アル・カンフー』の登場は大きな話題になったことを記憶しています。

     『イー・アル・カンフー』は、ファミコン版が出る前年にアーケードゲームとしてリリース。
    対人戦はできないものの対戦格闘ゲームの“はしり”とも言える、
    一対一のバトル形式のゲーム性。さらにレバーを入れた方向によって
    繰り出す技が変わる操作感がウケ、一躍人気タイトルとなりました。
    アーケードゲームをファミコンソフトとして移植するケースはよくありましたが、
    当時はアーケードとコンシューマー機の性能差が大きく、完全移植は難しい時代です。
    『イー・アル・カンフー』もその例にもれず、アーケード版と比べるとグラフィックなどは
    かなり簡素化されていました。
     しかし、キャラクターの操作性や、ゲームの根幹となるゲーム性はファミコン版でも健在で、
    技が当たったときの打撃感も爽快! つい何度もプレイしてしまう、謎の中毒性がありました。

    全文はソースで


    【【ファミコン】イー・アル・カンフーから35年、コナミ初のファミコンソフトは格闘ゲームのはしりだった!?】の続きを読む



    (出典 ic4-a.wowma.net)



    1 名無しさん@実況で競馬板アウト :2020/04/23(Thu) 09:11:27 ID:IuMntopw0.net

    ゼビウス?


    【【雑談】結局、ファミコンのカセットで最高傑作って何なの?】の続きを読む

    このページのトップヘ