ニンテン丼【ゲーム速報】

ゲーム全般(主に任天堂)ニュースのまとめサイトです。最新のゲーム情報や時事ネタ、速報を配信してます。

    カテゴリ: ファミコン



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1

    飛空艇の周りの敵強すぎて近づけない😢


    【【ファミコン】ファイナルファンタジー3、難易度がべらぼうに高い】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1

    4が出るまで立て続けるよ

    <飛龍の拳作品リスト>
    1985 北派少林 飛龍の拳(AC)
    1987.2 飛龍の拳 奥義の書(FC)
    1988.7 飛龍の拳2 ドラゴンの翼(FC)
    1990.7 飛龍の拳3 五人の龍戦士(FC)
    1990.12 飛龍の拳外伝(GB)
    1991.6 飛龍の拳スペシャル ファイティングウォーズ(FC)
    1992.7 飛龍の拳S ゴールデンファイター(SFC)
    1992.11 飛龍の拳S ゴールデンファイター ハイパーバージョン(SFC)
    1994.6 SD飛龍の拳(SFC)
    1995.4 SD飛龍の拳外伝(GB)
    1996.9 SD飛龍の拳外伝2(GB)
    1997.7 バーチャル飛龍の拳(PS)
    1997.12 飛龍の拳ツイン(N64)
    1999.1 SD飛龍の拳伝説(N64)
    1999.4 SD飛龍の拳EX(GBC)
    2000.12 飛龍の拳烈伝GB(GBC)


    【【ファミコン】飛龍の拳を語る】の続きを読む



    (出典 www.suruga-ya.jp)



    1


    任天堂の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」が1983年に発売され、7月15日に“37歳の誕生日”を迎えます。
    中古ゲーム店でもいまだにソフトが取り引きされており、ファミコンソフトのオンラインサービスもあるなどいまだに“現役”です。
    37年経過してもブランドが健在なのはなぜでしょうか。

    ◇37年経過しても“現役”

    「ファミリーコンピュータ」は、世界で6191万本を出荷した家庭用ゲーム機で、「スーパーマリオブラザーズ」をはじめ、多くの人気ソフトを世に送り出しました。
    北米では「ニンテンドー・エンターテインメント・システム」として売り出され、ゲーム機自体が「ニンテンドー」と呼ばれるなど世界ブランド化に貢献しました。
    ですが20年後の2003年、部品の確保が難しくなり生産を中止、2007年には修理も終えて「ゲームオーバー」になったように見えました。

    ところが2016年に「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン)」(5980円)として復活、品切れするほどの人気を博しました。
    またゲーム機「ニンテンドースイッチ」の有料オンラインサービスとして、ファミコンソフトが遊べますからな、“現役”なのです。
    おまけにゲームの失敗を直前からやり直せる「巻き戻し」機能が付いていますから、クリアできなかったファミコンゲームに「リベンジ」できるなど、進化しています。





    ファミコンは、えんじ色と白のシンプルなデザインで、価格は1万4800円。
    ソフトは別売りで1タイトルごとに約4000円でした。
    玩具としては、結構な額の買い物です。

    しかし「ドンキーコング」など100円硬貨が必要なアーケードゲームが、家で遊び放題になったのです。
    そしてファミコンのある家に子供が集まってテレビを囲む現象が起きました。
    あまりの子供たちの熱中ぶりに、世の親たちは批判的に見るほどでした。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kawamurameikou/20200712-00187165/


    【【ファミコン】誕生から37年も“現役” ブランド健在の理由】の続きを読む



    (出典 retro-game.info)



    1

    FC版ロックマン1~6の中では、どれが難しいのか議論しようぜ。
    俺は1>2>4>3>5>6の順番で難しいと思う。
    もうちょっとわかりやすくすると、
    1>2>>>4>>>3>5>6って感じ。


    【【ファミコン】FC版ロックマンの難易度決定戦!】の続きを読む



    (出典 trend-news1.com)



    1 名無しさん必死だな

    スーパーマリオ2?


    【【雑談】みんなはどう?ファミコンで1番難しいゲームってなんだったの?】の続きを読む

    このページのトップヘ