(出典 dengekionline.com)



1

2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場は1748.1億円。ハード・ソフト市場ともに前年比増で2012年以降最大の規模に。500万本突破の『あつ森』などが牽引
https://www.famitsu.com/news/202007/09201925.html





2

ファミ通調べによる2020年上半期の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上速報が公開された。集計期間は2019年12月30日~2020年6月28日。

 同速報によると、2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハードが793.4億円(昨年対比120.0%)、ソフトが954.7億円(同129.0%)、ハード・ソフト合計で1748.1億円(同124.8%)に。
『あつまれ どうぶつの森』の発売でNintendo Switchが好調に推移し、上半期としては2012年以降で最大の市場規模となった。両市場とも前年比プラスとなるのは、2006年上半期以来14年ぶりとのことだ。

 上半期ソフトランキング1位は、『あつまれ どうぶつの森』で、500.5万本を販売。本作は、Nintendo Switch向けタイトル歴代最高の販売本数を更新し、10年ぶりにパッケージ版単独で累計500万本を達成している。2位には、93.1万本を販売した『ファイナルファンタジーVII リメイク』が入っている。


3

市場規模比較
(2019年上半期の集計期間は2018年12月31日~2019年6月30日)

2020年上半期(26週)
ハード 793.4億円
ソフト 954.7億円
合計 1748.1億円
2019年上半期(26週)
ハード 661.2億円
ソフト 739.9億円
合計 1401.0億円
前年比
ハード 120.0%
ソフト 129.0%
合計 124.8%


4

各ハードの販売台数
(累計販売台数の集計期間は各発売日~2020年6月28日/単位:台)

Nintendo Switch(任天堂)
2020年上半期推定販売台数 2,666,882台
(推定累計販売台数 14,050,313台)

プレイステーション4(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
2020年上半期推定販売台数 435,812台
(推定累計販売台数 9,184,055台)

Xbox One(日本マイクロソフト)
2020年上半期推定販売台数 2,685台
(推定累計販売台数 113,931台)

ニンテンドー3DS(任天堂)
2020年上半期推定販売台数 33,340台
(推定累計販売台数 24,529,487台)


5

2020年上半期家庭用ゲームソフト販売本数 TOP10
(累計販売本数の集計期間は各発売日~2020年6月28日)

1位 あつまれ どうぶつの森(Switch/任天堂 2020/3/20)
2020年上半期推定販売本数 5,004,720本
(推定累計販売本数 5,004,720本)
2位 ファイナルファンタジーVII リメイク(PS4/スクウェア・エニックス 2020/4/10)
2020年上半期推定販売本数 931,165本
(推定累計販売本数 931,165本)
3位 ポケットモンスター ソード・シールド(Switch/ポケモン 2019/11/15)
2020年上半期推定販売本数 650,859本
(推定累計販売本数 3,638,993本)
4位 リングフィット アドベンチャー(Switch/任天堂 2019/10/18)
2020年上半期推定販売本数 577,875本
(推定累計販売本数 1,073,514本)
5位 マリオカート8 デラックス(Switch/任天堂 2017/4/28)
2020年上半期推定販売本数 346,034本
(推定累計販売本数 3,005,043本)
6位 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(Switch/任天堂 2018/12/7)
2020年上半期推定販売本数 284,717本
(推定累計販売本数 3,737,769本)
7位 Minecraft(Switch/日本マイクロソフト 2018/6/21)
2020年上半期推定販売本数280,662本
(推定累計販売本数 1,426,601本)
8位 バイオハザード RE:3(PS4/カプコン 2020/4/3)
2020年上半期推定販売本数263,625本
(推定累計販売本数 263,625本)
9位 ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX(Switch/ポケモン 2020/3/6)
2020年上半期推定販売本数 260,802本
(推定累計販売本数 260,802本)
10位 龍が如く7 光と闇の行方(PS4/セガ 2020/1/16)
2020年上半期推定販売本数 259,580本
(推定累計販売本数 259,580本)


33

>>5
マリカがいつも通りバケモンやなあ


6

2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場について

2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハードが793.4億円(昨年対比120.0%)、ソフトが954.7億円(同129.0%)、ハード・ソフト合計で1748.1億円(同124.8%)となりました。
「あつまれ どうぶつの森」の発売でNintendo Switchが好調に推移し、上半期としては2012年以降で最大の市場規模となりました。なお、両市場とも前年比プラスとなるのは、2006年上半期以来14年ぶりとなります。

上半期ソフトランキング1位は、「あつまれ どうぶつの森」(任天堂/2020年3月20日発売/Switch)で、500.5万本を販売しました。Nintendo Switch向けタイトル歴代最高の販売本数を更新し、10年ぶりにパッケージ版単独で累計500万本を達成しています。
また、ファン待望の「ファイナルファンタジーVII リメイク」(スクウェア・エニックス/2020年4月10日発売/PS4)は93.1万本を記録し、2位にランクインしました。

発売から4年を迎えたNintendo Switchですが、新型コロナウイルス感染症の影響で生産が遅延したことから、2月以降は需要が供給を上回る状態が続いています。しかしながら、「あつまれ どうぶつの森」の登場や、巣ごもり需要の拡大、昨年9月に発売されたNintendo Switch Liteの貢献により、2機種合計で前年同時期の約1.8倍となる266.7万台を販売。累計販売台数は、6月期に1400万台を突破しました。

2020年下半期には、年末商戦に最新ハードのプレイステーション5とXbox Series Xが発売予定で、2020年後半のゲーム市場の新たな盛り上がりが期待されます。


8

2012年以降ってヤバすぎ


11

1~10位のうち3タイトルがPS4か
次期ハード発売を目前にして市場の3割に貢献してるってやっぱ凄いハードだわ


12

新型コロナのおかげだから何とも言えんよ
日本市場が終わり続けている状況は変わらん
まあ見てナッテ


16

>>12
逆ぎゃく
コロナのせいでハード生産も縮小して、ゲームストアも閉まってたから、パッケージはいつもより少なくなっているんだよ
逆にマイナス要因


14

ルデヤから中国へ


15

>>14
PS4ってそうやって流通してんのか


17

2006年ってDSL発売した年か
あれで携帯機シフトが決定的になったけど、Switchのヒットはハイブリッドシフトだな


23

ガッチガチのマルチハードだった今世代のプレステと箱じゃ、市場牽引出来なかった証明されたの悲しいな


24

>>23
日本じゃ箱は存在しないようなもんだし
PS4もDQFFMH出てもこの体たらくだし
任天堂居なかったら日本のCS市場とか消えてるよ


34

あつ森って定価約6千円で500万本だから
大体300億円くらいは少なくともあるよね
で、今年-去年のソフト売上の差は214.8億円
ということは、少なくとも90億円くらいは
あつ森以外の面で下がってないか?


35

>>34
PS4ちゃんがどんどん衰退してるし
まあ去年も別に売れて無かった気はするけど


44

Switch版『釣りスピ』全世界累計出荷本数が50万本突破
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1594177436/


48

2017年のマスコミ「任天堂はスマホに専念するべき」(笑)


49

圧倒的なハード牽引
自粛の癒し
その他の業績が軒並み右肩下がりな中ほぼ単独で引き上げ
ゲームの域を超え多様なジャンルに活用される

まさに2020=あつ森だな
絶対的強者たぬきち


52

任天堂がクシャミすると市場は肺炎になるみたいな


61

ゲーム業界の浮き沈みは任天堂で決まるって誰かが言ってたがその通りになってるな